上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

1998年 エリザベス "Elizabeth"

★★★★★:絵画で見るエリザベスの雰囲気をとらえている★★★★☆


監督:シェカール カプール


出演: ケイト ブランシェット、ジョセフ ファインズ、ジェフリー ラッシュ、クリストファー エクルストン、リチャード アッテンボロー、ファニー アルダン、キャシー バーク、エリック カントナ、ジェームズ フレイン、ヴァンサン カッセル、ジョン ギールグッド、ダニエル クレイグ


感想:
ケイトブランシェットが女優として駆け上がっていく姿とエリザベスがたぶってしまう傑作。ブランシェットはこの映画の時点で、すでに大女優だったかもしれない(世界が認めるとかではなく)が、透通るような白い肌からもうかがえるうぶなエリザベスが、徐々に濁りを帯び始め貫禄と威厳を備えたエリザベス女王になっていく姿を観てしまうと、もう頭が上がらない。雰囲気、風貌から声質、セリフ廻しまでパーフェクトな演技。それ以上にブランシェットの存在自体が役に合うという合わせ技で、はっきりいって最強です。スカーレットオハラのヴィヴィアンリー、クレオパトラのエリザベステイラー、マリアのジュリーアンドリュースのように完璧に演じるだけではカバーしきれない役柄との相性が抜群に良いです。

で、なんで★を満点にしないかというと、ケイトブランシェットのパーフェクトな演技でもカバーできない本筋の部分がエンターテイメントと割り切れてもいないのに愛憎劇度合が強すぎる。エリザベスが行った政治改革の手腕がまったくをもって見えない。愛憎劇の末になんとかエリザベスのゴールデンエイジに時が流れた的なアピールには納得できん。エリザベスが力強く"私の民のため"と訴えかけているのにその部分がブランシェットのセリフ以外からはまったく見えない。彼女はもっと国民のために動いたはず。エリザベスの姿形がくっきりと浮かび上がっているんだから、もう少し政治面での彼女の動きが見たかった。歴史としても面白い題材なんだからそこはもっと踏み込んで描いてほしかった。


物語:
腹違いの姉の死から妹のエリザベス(ブランシェット)が25歳で英国の頂点に君臨した。彼女を快く追わない側近やフランス、スペインに翻弄されながら、無理な婚姻に迫られるエリザベスには愛する男がいた。
スポンサーサイト
[ 2008/02/03 19:27 ] 洋画 1990~99年 | TB(0) | CM(0)

1992年 ザ プレイヤー "The Player"

★★★★:映画界の裏が見えそうなポスター。★★★☆


監督:ロバート アルトマン


出演: ティム ロビンス、グレタ スカッキ、フレッド ウォード、ウーピー ゴールドバーグ、ピーター ギャラガー、ブライオン ジェームズ、ヴィンセント ドノフリオ、ディーン ストックウェル、リチャード E.グラント、シドニー ポラック、シンシア スティーヴンソン、ダイナ メリル、ジーナ ガーション、ジェレミー ピヴェン


感想:
独特な空気を持った映画だったが、筆者はつかめずじまい。冒頭の長廻しをチクリとさすあたりから面白さは全快だったし、すっとぼけた表情のティムロビンスもはまってて人間の嫌な部分をさらけだしているようで、見ていて体中が痒くなった気分(汗

なんだけれども、どうにも自分の中で一本の軸も通っていない感覚に陥って残尿感たっぷりの終わりに??が頭の中全体を覆ってしまった。映画界を皮肉るにしても切り口が目新しさも感じず、ブラックユーモアの点でも、この映画にも出てきた「サンセット大通り」に他にも「イヴの総て」、「スタア誕生」、「勝利の朝」なんかのほうが好きだな。後者の方は毛色が違うけど。


物語:
敏腕プロディーサーも年に何万もの脚本から数本を選ばなければならない。それが逆恨みを買ってしまうもの。映画のようなドラマ、サスペンス、ラブストーリー…ハッピーエンディングに向かうある男の話。


[ 2007/12/10 04:33 ] 洋画 1990~99年 | TB(0) | CM(0)