上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2008年 ずっとあなたを愛してる "I've Loved You So Long"

2008_IHaveLovedYouSoLong.jpg★★★★★


監督:フィリップ クローデル


出演:クリスティン スコット トーマス、エルザ ジルベルスタイン、セルジュ アザナヴィシウス、ロラン グレヴィル、フレデリック ピエロ、リズ セギュール、ジャン=クロード アルノー、ムス ズエリ、スアッド ムシュリク、カトリーヌ オスマラン、クレール ジョンストン、オリヴィエ クリュヴェイエ、リリー=ローズ


感想:
人それぞれ何かをしてしまった時の罪の重さの感じ方が異なる。そこまでおいつめなくても良いのに…と思おうが、本人に自責の念がある限りは、他人ではどうしようもないものなんだなと…。他人がどれだけ助けてあげようと思おうが、その罪に対して、本人が納得するまで償うには、話を聞いてあげることはできても、解決することなんてできないのだ。

この映画のヒロインは真正面から自らの罪に向き合い、それゆえに他人の評価にもビクともしない。妹の旦那に阻害にされようが、仕事が見つかなかろうが、それが当然のことのように納得して、ある一つの罪について、とことん探求しているかのように思えた。それを立派とは言いたくないが、最も愛した者への想いとして、「死」ではなく「生」での償いを選んだように思った。

この一歩間違えれば自己陶酔にもとらえられてしまいそうな難しい役どころを見事に演じているクリスティンスコットトーマスがすばらしかった!本作は最初から「なぜ彼女はあんなことをしてしまったのか?」というある種のミステリーのような部分があるために、最後まで引き付けられる部分がもちろんあるのだが、それ以上にトーマス演じるヒロインの生きる姿に引き付けられて、目が離せませんでした。

すべてが納得のいくところではないし、見終わった今でも疑問に思うところは多いのだが、愛する者への自責の念以上に、この映画のヒロインは、ずっと忘れず愛し続けたいがために生きていくことを選んだのではないかと感じた。


物語:
15年の刑を経て、妹の家に世話になることになったジュリエット。頑なに過去については語らず、妹家族とも上手くやっていき、新たな友達との付き合いもするようになったが…。
スポンサーサイト
[ 2010/01/17 22:09 ] 洋画 2008年 | TB(0) | CM(0)

2008年 それでも恋するバルセロナ "Vicky Cristina Barcelona"

アップしていなかったものを、記憶をほじくりかえして記録残し中♪

★★★★★:これはいいポスターだけど、それ以上にヒロインが載ってないとこに可笑しさが・・・★★★★


監督:ウッディ アレン


出演:ハビエル バルデム、ペネロペ クルス、スカーレット ヨハンソン、パトリシア クラークソン、ケヴィン ダン、レベッカ ホール、クリス メッシーナ、フリオ ペリリャン、パブロ シュレイバー、キャリー プレストン、ザック オース、アベル フォルク


感想:
この映画、面白かったっけなあ?(笑

印象に残っているのが、ぶっ飛んだ役柄で演じがいのあったであろう、バルデム、クルス、ヨハンソンよりもヒロインであるレベッカホールが一人落ち着いた現実味を感じさせる演技で抑えていてくれたおかげですごくバランスがとれていたなということです。

アレン作品はそれほど得意(好き嫌いというよりは)ではないのですが、これは楽しめた印象があります。


物語:
性格も恋愛模様も正反対の親友同士、ヴィッキー(ホール)とクリスティーナ(ヨハンソン)は、夏にバルセロナ旅行にでかける。情熱の国には二人が新しく感じることできる刺激が待っていたが…。
[ 2010/01/16 06:07 ] 洋画 2008年 | TB(0) | CM(0)

2008年 サンシャイン クリーニング "Sunshine Cleaning"

アップしていなかったものを、記憶をほじくりかえして記録残し中♪

2008_SunshineCleaning.jpg★★★


監督:クリスティン ジェフズ


出演: エイミー アダムス、エミリー ブラント、ジェイソン スペヴァック、メアリー リン ライスカブ、クリフトン コリンズ Jr.、エリック クリスチャン オルセン、ケヴィン チャップマン、スティーヴ ザーン、アラン アーキン、ジュディス ジョーンズ、エイミー レッドフォード


感想:
現在のアメリカ、イギリスの映画界で期待されている2人の共演となるとやっぱり押さえておかないといけない気持になる!ポスターやトレーラーの雰囲気からもなんだか気楽に楽しめそうな感じがして、ものすごく期待値が上がっていた。

ってこんな書き方になったってことで、、、そう、"しかしながら"と続けなくてはならんのです。これは物語が微妙すぎる。ひどいのがエミリーブラントのパートで、はた目からはブラントがレズビアンのストーカーのよう、、、理由を知っている観客からすると、ものすごくもやもやする。ちゅーか、実際にブラントのような状況に陥っても、この映画みたいなことにはならないと思うのだが、、、

が、ブラント、アダムスのダブルエミリーを眺めるのは楽しく、サクっと見ることができた気がします。ぶっ飛んだストーリーも活かされておらず、妙な演出で、どうにも不完全燃焼だが、キャストのバランスが良いし、最後までは見れてしまう映画でした。


物語:
昔は大学一のチアリーダーだった姉。現在は離婚もし、子供を抱えるシングルマザーとして生きるが、なかなか人生はうまくいかない。そんな中、隙間産業を狙って、ある特殊なクリーニング業をはじめる。
[ 2010/01/16 05:52 ] 洋画 2008年 | TB(0) | CM(0)

2008年 扉をたたく人 "The Vistor"

下書きのまま放置していたものをアップします。

2008_TheVisitor.jpg★★★★☆


監督:トム マッカーシー


出演: リチャード ジェンキンス、ヒアム アッバス、ハーズ スレイマン、ダナイ グリラ、マリアン セルデス、マギー ムーア、マイケル カンプステイ、リチャード カインド、アミール アリソン


感想:
リチャードジェンキンスがアイメイクでもしてるのか?ってくらいキュートな(笑 瞳で見るまなざしがすべてを包み込んで映画全体の良さを引き出していましたね。心を閉ざしたおじいちゃんがその扉をゆっくりと開けていく様が心地よい時間の流れとともにこの物語の核となって描かれていました。移民青年との交流もただのいい話でおわらずに,彼が楽器に興味を持つのもすごく共感できた。個人的には移民青年の彼女と彼の母親との関係が面白かった!


物語:
妻を亡くした大学教授。久々に訪れたニューヨークの家にはシリア出身とセネガル出身のカップルが偽の不動産屋にだまされ家に住んでいた。二人に同情した教授は二人に次の家を探すまでの間だけ猶予を与えたが、、、
[ 2010/01/09 15:00 ] 洋画 2008年 | TB(0) | CM(0)

2008年 レイチェルの結婚 ""

下書きのまま放置してたのをアップします。

2008_RachelGettingMarried.jpg★★★★☆


監督:ジョナサン デミ


出演:アン ハサウェイ、 ローズマリー デウィット、ビル アーウィン、トゥンデ アデビンペ、マーサー ジッケル、アンナ ディーヴァー スミス、アニサ ジョージ、デブラ ウィンガー、ロビン ヒッチコック、シスター キャロル イースト、ボー シア、ブルックリン デミ、ロジャー コーマン、ポール レイザー、ロズリン ラフ


感想:
「家族」ってものについてがっつり考えさせられる映画でした。結局、相性うんぬんではなく、どっかでつながっているし、ほっておけない存在でもあるんですよね。この夏、久々に帰省して家族と上手くいかなかった自分にはずっしりきました。。。

それにしてもこの映画はアンハサウェイでしょう。プリティプリンセスで初めてみたときは、コメディセンスのある女優さんだなあ程度で、ブロークバックマウンテンでの大胆演技は頑張りがなんとも言えない感じでしたが、その後も裸の天使なる映画に出たり、わりと腹の据わった女優なんだなあとイメージが変わったとこで、プラダにてやっぱりハサウェイはラブコメ!と思ったとこでの勝負作!(笑

いやはや大スターの香りがする、若手有望女優としては一番手でしょう!華がありますしね。それに今後ドラマ、コメディともにバランスのとれた女優にもなって(た?)いけそうです!ヴィジュアルが完全にラブコメ向きなので、本人も相当作品選び含め努力したんだろうなあと感じます。


物語:
家族の中の問題児の妹。姉の結婚に合わせ、施設から戻ってきたが…。
[ 2010/01/09 14:19 ] 洋画 2008年 | TB(0) | CM(0)