上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Ariana Grande "My Everything"

次世代のマライアキャリーと言われ、デビューしたアリアナグランデの2枚目。個人的に次世代の・・・は褒め言葉かなあ?と思いつつも、2枚目で方向転換できてよかった!Break FreeやOne Last Time辺りが今の彼女にはよくあっていて、聞いてて清々しい。R&Bでかっこよくいくのは数年後で大丈夫!今しか出せない魅力を十分に発揮した前2曲とproblem。この3曲だけでもお腹いっぱいです。

Hands On Me、Love Me Harder当りと中盤のB始まりの3曲との差が個人的に好き嫌いがはっきり分かれていて、どうしても1枚通して聞きたいと思わせるアルバムではないです。どうせなら、B始まりとボーナストラックのOnly 1、Cadillac Song、Too Closeと入れ替えればいいのにと思ったり・・・。キュートな1枚に仕上がったと思うけどなあ。。。

第一印象は★★★
amazon
スポンサーサイト
[ 2015/02/02 00:26 ] 音楽(洋楽) Album感想 | TB(0) | CM(0)

Tayler Swift "1989"

筆者、初テイラースウィフト作品です。これ聴いてとりあえずRedも聴いてみようと思いました。

ある時期、トップスターってなんで?ってくらいいい曲連発してくるけど、テイラーもその波に完全に乗っかってる。プロデューサー陣がこぞって彼女からインスピレーションを感じるのか、またテイラー自身も曲を書けるので、次々とイマジネーションが沸き起こるのかはわからんが、いやはやこれは今、このとき聴いとかないと損ですね。

どの曲も個性が際立っていて、一回目でほぼ全曲タイトル見て曲がイメージできちゃうようになりました。それだけキャッチー。ヴォーカルの小技の効かせ方がうまい!と思いました。前半ぶっ飛ばして、ラストでスローを持ってくるわかりやすい作りも潔い。

1個気になるのは、どの曲もおそらく誰かしらのアーティストの影響を受けているのでしょう。そのためか、じゃあ、テイラースウィフトって誰?何者?って思うと、どの曲が正しいのだろうか?元々カントリーシンガーだった点を考えても、商品としての魅力以上のものは感じない。過去の彼女のアルバム(Redより前?)にそれがあるのかもしれないですね。ただ、今のとこ興味なし。機会があれば聴いてみますかね!(RihannaのGood Girl Gone Badも最初同じ印象でした。)

第一印象は★★★☆
amazon
[ 2015/01/26 00:12 ] 音楽(洋楽) Album感想 | TB(0) | CM(0)

Meghan Trainor "Title"

期待通り!50,60年代から飛び出してきたかのような音が最高!
ドリスデイ、デビーレイノルズあたりがぽっちゃりして蘇ったかのよう!

デビュー曲のようなお化けヒットはAll About That Bass以外難しそうだけど、レトロかつ新しいPVの展開では、TOP10ヒットは量産できそう!

ゲストにジョンレジェンド読んでるあたりも筆者のつぼを刺激しまくり。

捨て曲なしです。どの曲もするめのごとく聴けば聴くほど味わい深い。

ジャケ写は、ケリークラークソンの2nd並みの詐欺ですな(笑 これは褒めています。

第一印象は★★★★
amazon
[ 2015/01/18 18:32 ] 音楽(洋楽) Album感想 | TB(0) | CM(0)

そんなに太ってないっす ザ・ドリーム

リアーナの「Umbrella」の特大ヒットにより世界で認知されたソングライター。その後にマドンナとブリトニーのMe Against The Musicなんかも手がけていることを知り驚きました。最初、顔写真だけで知っていたので相当の巨漢を想像してたので、以外に普通やん!って思ったのが個人的な外見の感想(笑 ジャケットにキャップねえ。似合うようになりたいもんだ!

余談ですけど、"breakout"でいつも叩かれているので(彼が書いた曲は誉められてるけど・汗)ここで称賛しとこう!と思って書いてます。ちなみに今シーズンの回ではマラキャを1位にしたんですけど、以外にもTop10に残っててびっくり(汗

★★★★☆:バットマン系ひし形リップ。1st Album 「LOVE/HATE」

01, Shawty Is Da Sh*!
02, I Luv Your Girl
03, Fast Car 04, Nikki
05, She Needs My Love
06, Falsetto
07, Playin' In Her Hair
08, Purple Kisses
09, Ditch That... 10, Luv Songs
11, Livin' A Lie 12, Mama

まず、エフェクトが特徴だが、思いのほかヴォーカルには自信持っていい気がするぞ!ドリーム。熱唱系も独特の甘い声が負けていないし、何かこうキャラクター的にも愛嬌がある。それに何よりも個人的にはBrian CoxだとかNe-yoあたりの美メロ系よりも断然にメロディが奥深く、美しい。Umbrella等、提供した曲でアップ系が大ヒットしてるがスローのほうに完全に筆者はやられました。個人的には昨年のMy BESTの次点に挙げましたけど、今年の1位にしたいくらい聴いています。

先行カットの"らしい"①以降、メロディ以上に幅広いヴォーカルにしびれます。キャッチーな③もあったりしますが、④⑤⑥がもうとろっとろにとろけます。独自の世界観に浸れる④、熱唱系もいけることを証明した⑤、女の喘ぎ声まで自分でやっちゃった(笑⑥はヴォーカルのバリエーションの多さに驚きました。メロディが極上に甘い⑧、リアーナをひっさげた⑨も聴けば聴くほど味が出てくるミディアムナンバー、これは結構最近のお気に入りで、最初は物足りなさと相性の問題を感じたが、大好きになっています。ラストは最近のはやりをいれつつも一番スタンダードなスロー⑫、これまた美しく涙腺を刺激されます。

エフェクトは苦手なんですけど、これはありだし、傑作です。あと体系が似てるんで…(笑
[ 2008/04/29 09:58 ] 音楽(洋楽) Album感想 | TB(0) | CM(0)

R&Bへの回帰も? くまっ子、ヒッキーさん

この人に限ってはBESTアルバム以降、シングルは完全に無視しているので全曲新鮮に聴くことができました。とは言いつつもBeautiful Worldが出されたときにはチラッと聴いたときに食指が動きそうになってしまいましたが…。

★★★:また、顔のアップか…01, Fight The Blues
02, HEART STATION
03, Beautiful World
04, Flavor Of Life -Ballad Version-
05, Stay Gold
06, Kiss & Cry
07, Gentle Beast Interlude
08, Celebrate
09, Prisoner Of Love
10, テイク 5
11, ぼくはくま
12, 虹色バス
13, Flavor Of Life - Bonus Track -

シングルが多いんですな。ちょいとそこのところは無視した感想になりますけど、最初はとにかくファルセットが多くてヴォーカルが弱いかなあと感じたが、今はそんなこと気にならずフル回転しています。前作での実験性溢れる作品がまとまって形になった曲が多く、その分、アルバムの統一感ではこれまた単品で強かった2ndの「Distance」に似た感じがしました。

⑥までは単品で完璧に完成された曲が並び、改めてこの人の音楽性というかソングライティング能力にビビってしまいました。完全に自分のヴォーカルの良い部分、悪い部分を把握していて、コーラスワークも完璧!逆に言うとヴォーカル面では勝負に出てないなという意地悪な見方も(笑

明るいポジティブな①でスタート、前作の「Passion」がアメーバ状ならこの曲は形になった印象のある②は高温の美しいミディアム、サビに入る前の世界観に吸い込まれそうなメロディがたまらん③、 低音と高温のハイライトが美しいドラマティックなスロー④、ピアノが印象的なCMでも抜群の美しさを誇っている詩的な情緒が溢れる⑤、AメロBメロサビどれも異なった顔見せる⑥はBメロのコーラスがらしくて良い!

本領発揮は⑦のインスト以降でしょう! 基本的にはPOPなサウンドだが次作ではR&Bテイストをまた出してくるのかな~?なんて深読みをしてしまいました。それが傑作の⑨を聴いて感じたことで、デビュー作に入ってても違和感無さそうな原点の彼女の音で懐かしさと同時に新鮮さも感じました。美しいコーラスとメロディに吸い込まれるアップ⑧、ミディアム⑩も良いです。⑩の衝撃的な終わりからガラッと世界観を変えたくまっ子ヒッキーの⑪はやはり日本人なんで歌詞に耳が奪われますが、メロディは流れを崩していません。(でもなあ、ライバルは海老フライって言われると"ええ!!"って思っちゃいます。)ラストは⑫はポジティブというよりも"今の世界を忘れて、どっか行こうよ!"的なイメージのあるPOPソング。

全体的に明るめだが、歌詞が深読みすると"がんばんなくちゃ!"的な印象を持ってしまいます。離婚を経験してのことなのか、まあアルバムごとにお腹一杯にさせてくれるかつ驚かせてくれる人なのでいろんなこと経験して、曲作りの糧にしてもらいたいですね(笑
[ 2008/04/25 07:24 ] 音楽(洋楽) Album感想 | TB(0) | CM(0)