上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2016年 10 グローバルフィールド レーン "10 Clover field Lane"

★★★☆


詳細データ:all cinema


感想:
狭い空間に閉じめられた状況下。登場人物、発せられる言葉、何から何まで怪しい。

それを一挙に引き受けたのがジョングッドマン。ずんぐりむっくりな巨体だけでもインパクト大だが、細やかな動き・表情から、この映画を1級品に押し上げている。

得体の知れない外を飛び交う生物。そこにツッコミを入れずにはいられないし、突如ヒーローの自覚を得るヒロインの変貌っぷりも無理があるが、そんなものふっとばす可笑しさがこの映画にはある。

グローバルフィールドはもっと生々しかった印象があったけどなあ。
スポンサーサイト
[ 2016/08/03 21:00 ] 洋画 2016年 | TB(0) | CM(0)

2016年 ロスト バケーション "The Shallows"

★★★★☆


詳細データ:all cinema


感想:
あ~ハラハラしたあ。ジェットコースターにでも乗っているかのよう。

余計な演出はこそぎ落としてサスペンス性(ハッタリともいうか)をぐっと押し出しているとこがめちゃよかった!細かいところをあげるとキリがない内容なのだけれども、それでいいのだ。ジェットコースターだって乗ってる最中は余計なこと考えないし。

なんじゃそりゃ映像も不思議とこの映画では良いひと呼吸おけるポイントになっていてよかった(どう考えても海じゃねーだろー的なね。)。もったいぶらずばっさばっさ登場人物を亡き者にするあたりも潔い!最後のサメとの決闘もお見事。まったくもったいぶらず。ありえないかって?そんなこと、この映画に言うもんではありません(笑

サバイバル映画なんだけど、生きるだのなんだの、能書き垂れる気なんてさらさらないのよ、この映画。もう最高でした!
[ 2016/07/31 17:18 ] 洋画 2016年 | TB(0) | CM(0)

2016年 トリプル 9 

★★★☆


詳細データ:all cinema


感想:
現実的と非現実的の狭間でこれを見ている間、本当にこんなことがあるのだろうか?と不思議だった。ロシアVSアメリカは何年たっても映画の題材になるが、この映画はもうケイトウィンスレットが全てを持っていった。映画の内容云々ではない。伝説に残る女優が、ロシアマフィアを演じてみせたのだ。良くも悪くもそこが見所になってしまった。キウェレルもケイシーも女王の前ではぞんざい感もくそもないのだ。そういった意味で映画のテーマを訴えるにはバランスの悪い1作。あとに残るは貫禄たっぷりの元ローズ。
[ 2016/07/25 00:19 ] 洋画 2016年 | TB(0) | CM(0)

2016年 マネー モンスター "Money Monster"

★★★(+★)


詳細データ:all cinema


感想:
映画の出来は後にして、映画のテーマ・メッセージが面白い。ジャックオコネル演じたジャック犯は加害者でもあり、被害者でもあり、自らを破滅に追い詰め張本人でもある。彼は損をしたから、ジャック犯となったわけで、ラストのドミニクが語る、儲けていれば文句も言わず、損すれば痛烈批判、勝手だ。実に勝手だ。ただはまっている人が多いこの現実。その面白いマネーゲームに飛びついたテレビ局もまた、勝手だ。

彼がジャック犯となるきっかけを作った新事実が明るみに出てくる頃には、その事実なんてどうでもよくなっている。ジャックオコネルが実に人間くさく、第三者的には馬鹿だなあと思わせるが、彼を真っ向から否定もできないと思わせるところが憎い。悪いことだが、必死にもがく姿に、なぜか応援せざる負えなかった。ゆえにラストは悲しかった。

筆者は株に興味ないし、お金も趣味と美味しいものが楽しれば良い程度なので、ここまでの金への執念というか、そういう点ではいまいちピンとこず。好きな人にはもっと楽しめたのかも?でも結局自分がかせげればいいんでしょ?筆者にはなくてもいい世界でした。
 
オコネルに★。
[ 2016/07/18 12:05 ] 洋画 2016年 | TB(0) | CM(9)

2016年 ヘイル、シーザー! "Hail, Caesar !"

★★


詳細データ:all cinema


感想:
トランボの公開も控えており、赤狩り時代を描くのがはやりなのか?
各々のシーンにクラシック映画のオマージュが見られるが、見られるだけ。ヨハンソンもテイタムも当時のスターにはなれなかった(クルーニーはいつもどおり)。無念。今には今の良さがあるし、ならなくてもよいのだけど、そのオマージュがメインの作品であり、話に中身がないので、オマージュが失敗してれば、もう楽しむ要素がないのだ。
[ 2016/07/18 12:03 ] 洋画 2016年 | TB(0) | CM(0)