上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2008年 ダークナイト

★★★:よ~く見ないと少し間抜け?★★★☆


監督:クリストファー ノーラン


出演: クリスチャン ベイル、マイケル ケイン、ヒース レジャー、ゲイリー オールドマン、アーロン エッカート、マギー ギレンホール、モーガン フリーマン、エリック ロバーツ、ネスター カーボネル、モニーク カーネン、ロン ディーン、キリアン マーフィ、チン ハン、リッチー コスター、アンソニー マイケル ホール


感想:
前作同様、こういうアメコミヒーロー映画らしくないリアリズムを追求した作品になっていますが、筆者はそこで首をかしげる。ヒーロー物はあまり好きなほうではなく、所謂ファンタジー映画なわけで、その点の描き方がもともと苦手なんですけど、だからといってリアリティーを出せばいいのか?というとそうでもなかったなあと言うのが前作の感想。

本作は前作よりもまた一歩深く人間性を追求していて、ここまでやるか?とびっくりしたが、アーロンエッカート演じる善悪の表裏一体を表現したトゥーフェイスには胸を撃たれました。

ただ、やっぱりティムバートンのアメコミの消化の仕方が好きですね。この映画の設定をまず頭で整理しないと…とかどうしても素直に楽しめなかった。


物語:
バットマンの進むべき道は…。
スポンサーサイト
[ 2008/08/20 21:05 ] 洋画 2008年 | TB(0) | CM(0)

いろいろと…

身内に不幸が続き、更新する時間がとれません。というかする気になれず、少し休憩をとっています。プラス、就職活動を経て、人生で初めてといってもいいかもしれませんが、自分の将来について考えています。将来といっても仕事とかではなく、自分自身について。自分は面倒くさい性格の持ち主で、他人に対しても結局理解されないだろうと、勝手に諦めてしまうところがあって、勝手に悩んで勝手に落ち込んで勝手に解決して、でも結局解決してなくての連続だった気がします。幸せなことに多くはないけど友人もいますし、飲んだり騒いだりもできるわけで、とにかく今、なにか一歩前進しなくてはならない時期かなと感じています。身内というのは祖母二人なのですが、二人が亡くなって寂しさも感じつつも、親戚が一同に顔を合わせ、最近みんな大人になってこういう機会もなく、久々の再会でいろんな話をしてたくさん刺激をもらえました。ただ、このままではいかん!そんな気持ちが強くなっています。
[ 2008/08/07 15:58 ] ボソッと | TB(0) | CM(0)