上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2008年 ブーリン家の姉妹 "The Other Boleyn Girl"

★★★★☆:エメラルドグリーンがきれい!あと三人の構図も良い。★★★★


監督:ジャスティン チャドウィック


出演:ナタリー ポートマン、スカーレット ヨハンソン、エリック バナ、デヴィッド モリッシー、クリスティン スコット トーマス、マーク ライランス、ジム スタージェス、ベネディクト カンバーバッチ、オリヴァー コールマン、アナ トレント、エディ レッドメイン、ジュノー テンプル、トム コックス、マイケル スマイリー、イアン ミッチェル、アンドリュー ガーフィールド、ビル ウォーリス


感想:
ストーリー展開としてはものすごくわかりやすすぎる。特番でも見てるような感じになってしまったが、その分、際立ってポートマン、ヨハンソンの演技が素晴らしかった。野心家の姉と純粋な妹という構図も面白かったし、翻弄されるヘンリー8世も見ていて滑稽(エリックバナはこの役にはかっこよすぎる気がするけど)、姉妹の父親、叔父の権力に支配される様も腹が立って仕方がなかった!

観終わって印象的だったなのはやっぱりポートマンの演技ですね!なんか大女優への道を一歩一歩歩きだしてる感じ!ヨハンソンはちょっと苦手だったりしたんですけど、いい意味でしたたかというか、抑えた演技がまたよかった!

ん、、、メアリーとアンのつながり、、、血のつながりというだけなのに…。ヘンリーもまたメアリーを愛し続ければ…歴史は夜作られる、、、歴史は女で作られる、、、いやはや…。


物語:
イングランド黄金期をもたらしたエリザベス女王。その母であるアン(ポートマン)もまた妹メアリー(ヨハンソン)とともに数奇な運命に見舞われた。王子の生まれないヘンリー8世に愛人候補としてブーリン家の長女アンが見染められた。しかし、ヘンリー8世は姉アンではなく、妹のメアリーを気に入る。
スポンサーサイト
[ 2008/10/25 23:57 ] 洋画 2008年 | TB(0) | CM(1)

2006年 幻影師アイゼンハイム "The Illusionist"

★★★★☆:ミステリアスさとあえて絵画なのがいい!★★★★☆


監督:ニール バーガー


出演:エドワード ノートン、ポール ジアマッティ、ジェシカ ビール、ルーファス シーウェル、エドワード マーサン、ジェイク ウッド、トム フィッシャー、アーロン ジョンソン、エレナー トムリンソン、カール ジョンソン


感想:
イリュージョンの部分に突っ込みを入れればそれまでなのだろうけど、それがきっちり引き立て役におさまっていて、19世紀の恋愛劇をたっぷり楽しむことができました!ラストまでの疾走感と言うか良い意味で予測通りなんだけど、その流れの心地よさに見終わった後の満足感にはまいった!


物語:
身分の違う幼馴染二人は、格差により引き離される。数十年後の再会時には男は幻影師として名をはせるが、女は皇太子の婚約者となっていた。二人は想いをとどめることができずに駆け落ちを約束するが…。
[ 2008/10/18 07:26 ] 洋画 2006年 | TB(0) | CM(1)

2008年 最後の初恋 "Nights In Rodanthe"

★★★☆:近いなあ(笑★★★★


監督:ジョージ C.ウルフ


出演:リチャード ギア、ダイアン レイン、スコット グレン、ジェームズ フランコ、クリストファー メローニ、ヴィオラ デイヴィス、パブロ シュレイバー、メイ ホイットマン、チャーリー ターハン、キャロリン マコーミック、テッド マンソン、アトー エッサンドー、ジェシカ ルーカス


感想:
とにかくダイアンレインが輝いてましたね!

各エピソードが69.9点みたいな(笑 感じで、決して突出した作品ではなかったんですけど、レイン見てるだけで満足でした。ジェームズフランコは最近脇役でしかみないけど、画面映えする俳優ですね。ギアは相変わらずのナルシストでしたが(笑

母娘のエピソードがもうちょい繊細に描かれればなあなどなど。ただ、演じたレインとホイットマンが素晴らしかったので、まあいっか!とも思えました。

クラシカルな雰囲気を持つ映画。デボラカーとケイリーグラントみたいな(笑


物語:
別居している夫と反抗的な娘に悩むエイドリアンが、休暇がてら友人の別荘の管理人をすることに。そこへ季節はずれにやってきた医者のポール。何か悩み事を抱えている彼と最初は上手くいかないかったが、次第に惹かれあう。
[ 2008/10/14 23:37 ] 洋画 2008年 | TB(0) | CM(0)

2008年 ウォンテッド "Wanted"

★★★:アンジーかっこいい!★★★


監督:ティムール ベクマンベトフ


出演:アンジェリーナ ジョリー、ジェームズ マカヴォイ、モーガン フリーマン、テレンス スタンプ、トーマス クレッチマン、コモン、クリステン ヘイガー、マーク ウォーレン、デヴィッド オハラ、コンスタンチン ハベンスキー、クリス プラット、ローナ スコット


感想:
いい映画なんだろうけど、苦手でした(汗

アンジーのはまり度に、マカヴォイも現代の若者のストレスを感じれて好感持てましたね!物語もスリリングでしたが、いかんせん、無駄な暴力が…。この映画は秩序だの道徳観だの忘れて、Don't think,,,,feel !!って映画なんでしょうが、ちょいとその点で楽しめず…。

意外と超人的な人間の集団にものめり込めなかった。


物語:
ウェスリーは日常の生活にストレスを感じながらも、精神安定剤で抑える毎日。突然現れた女は自分の父親を知っていると語り、銃撃戦に。何が起こったかわからないウェスリーだったが、父親が敏腕暗殺者だったことを知り、父の敵を討つために暗殺者集団に加わることに…。
[ 2008/10/14 06:45 ] 洋画 2008年 | TB(0) | CM(0)

2008年 グーグーだって猫である "Goog Goog Datte Neko De Aru"

★★★★:猫と小泉はたしかにかわいいんだけど…★★


監督:犬童 一心


出演:小泉 今日子、上野 樹里、加瀬 亮、大島 美幸、村上 知子、黒沢 かずこ、林 直次郎、伊阪 達也、高部 あい、柳英 里紗、田中 哲司、村上 大樹、でんでん、山本 浩司、楳図 かずお、マーティ フリードマン、大後 寿々花、小林 亜星、松原 智恵子


感想:
ツ…………ツマラナイ、、、

猫は見てて飽きないなあ!って再確認。小泉今日子、上野樹里、加瀬亮も好きなので3人の空気感も好きだったなあ。でも、ほかが学芸会かよ!って突っ込みたくなる。森三中もけっして悪くなかったけど、楳図 かずおとマーティ フリードマンはどうなんだろうか??しかも出番多いし…。

ちょっとかもめ食堂的な作品を期待してたとこがあって、ただゆーーーーっくりって感じでだるかった(汗

ただ、力のある俳優陣は決してつまらなくはない!!(+★)


物語:
猫好き漫画家の猫に左右される人生。別れ、出会い、恋、そして…
[ 2008/10/11 17:07 ] 洋画 2008年 | TB(0) | CM(0)

2007年 アウェイ フロム ハー ~君を想う~ "Away From Her"

★★★★★:二人の愛情を感じる。★★★★


監督:サラ ポーリー


出演:ジュリー クリスティ、ゴードン ピンセント、オリンピア デュカキス、マイケル マーフィ、クリステン トムソン、ウェンディ クルーソン、アルバータ ワトソン


感想:
プロットだけでも落ち込んでしまう内容だが、サラポーリーは訴えかけるというよりは、時の流れには逆らえないことをこの映画に詰め込んだのかな?と思った。

全編が美しく彩られすぎだったが、やっぱり根底にテーマがきっちりとしていたように思う。だからこそ、自然と消えゆくろうそくのようなラストもなかなか味わい深かった。

過去の自分への戒めなのか?と自問自答するしかないゴードンピンセントがまた一層深くこの映画を引き立てる。長年の夫婦の歴史に羨ましさも感じた。


物語:
アルツハイマーの前兆が見え始めた妻。施設へ入居後、妻は恋をした。夫は妻の最後の恋を見守ることに…。
[ 2008/10/09 08:07 ] 洋画 2007年 | TB(0) | CM(0)