上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2012年 贖罪




詳細データ:all cinema


感想:
原作にのめり込んでしまったためか、めっちゃつまらなかった。いや、それだけじゃない…。この監督苦手。

原作のイメージ通りの配役だったので、めちゃくちゃ楽しみに見たけど、、、
たしかに、原作が大作なので、それを縮小するのは大変だとは思うのだけど、各々のヒロインがなぜそこまで友人の死にこだわったのか。こだわるしかなかったのか、そこが上っ面だけだった。原作の切り取り方がこの監督と合わなかっただけならしょうがないけど、余計に自分色をつけて変えちゃったので、そこがめちゃつまらないからなお頭にくる。5時間使うなら原作のままで選んで撮って欲しかった。

一番頭にきたのが、小泉今日子演じた麻子が、ただのわがままおばさんで終わったこと。4人のエピソードから、すーっと麻子へ贖罪としてのしかかってきた、あの原作の良さはいずこへ?
スポンサーサイト
[ 2015/01/31 18:00 ] 邦画 | TB(0) | CM(0)

2014年 ビッグ アイズ "Big Eyes"

★★★(+★)


詳細データ:all cinema


感想:
怖い・・・マーガレットキーンの描く少年少女の絵は、個人的にホラーにしか思えない。吸い込まれて消されてしまいそうな、夜見たらそのまま呪い殺されそうな、そんな怖さ。それだけインパクトと惹きつけられるもの"は"あるとは思う。・・・というか、人類が思い描くエイリアンそのままなんだよね。

この絵に強烈な個性がありつつも、この映画で描かれるのは、男尊女卑の時代に才能を夫に食い尽くされ、ラストには逆転勝利する話。事実なんだろうが、何かこう、期待してたものと違って肩透かしを食らった。おそらくキーン夫妻の関係性は映画になるし、有名な話なのかもしれないが、自分としてはマーガレットキーンが、この少年少女に込めた思いを知りたかった。この絵が好きだからじゃなく、妙に頭に残る怖さがあるから。

このエピソードがあったらか、マーガレットの絵は有名になったかもしれない。でもそれだけじゃないと思う。自分の勝手な憶測ではあるが、エピソードのインパクトにこの映画が負けているようで、その点で素直に楽しめなかった。

但し、エイミーアダムスとクリストフヴァルツは絶妙です!役柄にもがちっとはまって、文句なし!後半のヴァルツは最高でした。役的にはアダムスが逆転勝ちしていくが、完全にクリストフヴァルツショーと言えるくらい、彼の独壇場でした!
[ 2015/01/28 19:58 ] 洋画 2014年 | TB(0) | CM(0)

2014年 ジャッジ 裁かれる判事 "The Judge"

★★★☆


詳細データ:all cinema


感想:
家族の再生と父親が本当に人を殺したのかというドラマとサスペンスが融合した話。比重は明らかに前者。ぐいぐいくる家族をキーワードにしたいい話風味が少ししつこかった。なんとなく嫌だったのが、かっこいい風に描いていること。たぶんここは捨てきれないロバートダウニージュニアの良い意味での軽さが仇となってしまったと思う。サスペンス要素にも面白みはなし。

この映画の主人公はロバートダウニージュニアや、あとはジョージクルーニーとかでも、ちょっと違うと思う。ちょっとしたしぐさや立ち振る舞いが自然とかっこよすぎて、それでいて「ちょっとおれお茶目だろ」的な味が、この映画には不似合い。父親のロバートデュヴァル、兄・弟のヴィンセントドノフリオ、ジェレミー・ストロングが人間臭かった分、余計に浮いている。途中からロバートダウニージュニアに関してはアリーmyラブ見ている錯覚に陥りました。(おちゃめな弁護士役)

と、言いつつ最後までさくっと見れたのもロバートダウニージュニアのおかげでしょう(どっちつかずですみません)。複雑な気分だけど、今日は楽しかったけど、すぐ忘れそうな作品でした。
[ 2015/01/26 19:41 ] 洋画 2014年 | TB(0) | CM(0)

Tayler Swift "1989"

筆者、初テイラースウィフト作品です。これ聴いてとりあえずRedも聴いてみようと思いました。

ある時期、トップスターってなんで?ってくらいいい曲連発してくるけど、テイラーもその波に完全に乗っかってる。プロデューサー陣がこぞって彼女からインスピレーションを感じるのか、またテイラー自身も曲を書けるので、次々とイマジネーションが沸き起こるのかはわからんが、いやはやこれは今、このとき聴いとかないと損ですね。

どの曲も個性が際立っていて、一回目でほぼ全曲タイトル見て曲がイメージできちゃうようになりました。それだけキャッチー。ヴォーカルの小技の効かせ方がうまい!と思いました。前半ぶっ飛ばして、ラストでスローを持ってくるわかりやすい作りも潔い。

1個気になるのは、どの曲もおそらく誰かしらのアーティストの影響を受けているのでしょう。そのためか、じゃあ、テイラースウィフトって誰?何者?って思うと、どの曲が正しいのだろうか?元々カントリーシンガーだった点を考えても、商品としての魅力以上のものは感じない。過去の彼女のアルバム(Redより前?)にそれがあるのかもしれないですね。ただ、今のとこ興味なし。機会があれば聴いてみますかね!(RihannaのGood Girl Gone Badも最初同じ印象でした。)

第一印象は★★★☆
amazon
[ 2015/01/26 00:12 ] 音楽(洋楽) Album感想 | TB(0) | CM(0)

Meghan Trainor "Title"

期待通り!50,60年代から飛び出してきたかのような音が最高!
ドリスデイ、デビーレイノルズあたりがぽっちゃりして蘇ったかのよう!

デビュー曲のようなお化けヒットはAll About That Bass以外難しそうだけど、レトロかつ新しいPVの展開では、TOP10ヒットは量産できそう!

ゲストにジョンレジェンド読んでるあたりも筆者のつぼを刺激しまくり。

捨て曲なしです。どの曲もするめのごとく聴けば聴くほど味わい深い。

ジャケ写は、ケリークラークソンの2nd並みの詐欺ですな(笑 これは褒めています。

第一印象は★★★★
amazon
[ 2015/01/18 18:32 ] 音楽(洋楽) Album感想 | TB(0) | CM(0)

2012年 アイ アム ニューマン 新しい人生の見つけ方 "Arthur Newman"

★★★


詳細データ:all cinema


感想:
このふたりならもっと明るいストーリーで見てみたかった。内容は、とことん今までの自分の生き方を後悔し、新しい誰かになろうとする話。でも、結局は、元の自分を見つめなおさないと前には進めない。

印象深いのはコリンファースの息子役の子。いたときは拒絶の対象だった父を、いなくなって存在を考える。と、言っても感動巨編になるわけでもなく、ある意味、現実はこのくらい冷静だよなと笑わせてくれる。
[ 2015/01/18 06:00 ] 洋画 2012年 | TB(0) | CM(0)

2013年 最高の贈り物 "The Best Man Holiday"

★★★☆


詳細データ:all cinema


感想:
気軽に見れる映画でした。詰め込みに詰め込んだエピソードにまとまりがあるとは思えないが、出演陣の相性の良さにさくさくと話が進み楽しめました。

あとに残るかというと忘れるだろうが、そのときを楽しめました。この映画のテーマもそんな感じ。
[ 2015/01/15 23:50 ] 洋画 2013年 | TB(0) | CM(0)

2014年 アンダー ザ スキン 種の捕食 "Under The Skin"

★★


詳細データ:all cinema


感想:
面白くないというより、難解。
すーっと過ぎていく映像に釘付け。結局飽きずに最後まで見れたが、それは「なんだ?」…「なんだこれ?」…「ん???」…「え!?」…という感じで、さっぱり。

これは原作を読んでもう一回チャレンジしたい。取り急ぎは★2つで。
[ 2015/01/13 18:30 ] 洋画 2014年 | TB(0) | CM(0)

2014年 白ゆき姫殺人事件 "Shirayukihime Satsujinnjikenn"

★★★☆


詳細データ:allcinema


感想:
映画化は難しいか・・・。

本で読んだ時の恐怖感が薄い。但し、井上真央は健闘。
ポスターを見たときに、井上真央だと綺麗すぎると思ったが、映画の中の井上真央は頑張ってヒロインに寄せていた。

どうしてもタイトルの印象も合わせてPOPな印象が強い。なのに、監督はシリアス路線も捨て去れずつきすすむから、どうしてもテレビドラマの枠をつきやぶれていない。ネット社会による、顔が見えないやつらの言いたい放題も、あまり怖さを感じない。

ラストは原作にない話を盛り込んでいたが、全編通した丁寧な語りであったため、この監督ならこう出るだろうなという印象で、意外性もなかった。
[ 2015/01/12 00:49 ] 洋画 2014年 | TB(0) | CM(0)

2014年 お気に入りの映画

映画を観る本数も年々減ってますが、好き度合いは変わらず。先日も福沢諭吉さん使って映画本買いました♪映画館で見に行ったものは、映画手帳つけてたので、振り返れたのですが、クラシック映画は付け忘れ。。。映画館へは38本、クラシック映画はおそらく30本くらいDVD買ったり、レンタルで見た感じです。

では、早速、2014年お気に入りを記録。(星の数は見た直後にメモっていたもの)

1位 あなたを抱きしめる日まで ★★★★★
2位 ゼロ グラビティ ★★★★☆
3位 ノア ★★★★★
4位 ブルージャスミン ★★★★☆
5位 ネブラスカ ★★★★☆
6位 ウルフ オブ ウォールストリート ★★★★☆
7位 ウォルト・ディズニーの約束 ★★★★☆
8位 アナと雪の女王 ★★★★★
9位 インターステラー ★★★★☆
10位 マダム・マロリーと魔法のスパイス ★★★★☆

自分はどうも役者同士の掛け合いが好きなようです。選んだ作品は主人公とその相手の掛け合いが楽しいものばかり。1位はその典型!といいながら2位は別格か。サンドラブロックの自問自答と絶対孤独に恐怖を感じつつも、想像もできない状況に震え上がった。10位は甘いんだろうけど、やっぱりヘレンミレンはかっちょいい。相手役のインド人のおっさんとの掛け合いも最高でした!

主演女優:
◎ジュディデンチ(あなたを抱きしめる日まで)
○マリオンコティヤール(エヴァの告白)
ケイトブランシェット(ブルージャスミン)
エマトンプソン(ウォルト・ディズニーの約束)
二階堂ふみ(私の男)

ジュディデンチにはそろそろオスカーで主演女優賞を獲って欲しい。本作はかわいらしいさが前面に出て(顔面は般若の如くなのに)素晴らしかった!マリオンコティヤールも外れないですね。個人的にべディデイヴィスの再来と思っているので、ここいらで最悪の悪女を演じて欲しい。ケイトブランシェットは、この手の役は余裕ですよ、彼女にとったら!ってことであえて1位に選ばす(笑

主演男優:
◎レオナルドディカプリオ(ウルフ オブ ウォールストリート)
○ブルースダーン(ネブラスカ)
キウェテルイジョフォー(それでも夜は明ける)
ラッセルクロウ(ノア)
マシューマコノヒー(インターステラー)

いやーマコノヒー(ダラスバイヤーズクラブ)もよかったけど、2013年のオスカーはディカプリオに獲ってほしかったなあと。。。キャッチミーイフユーキャンでもみせた真面目なコメディ演技が楽しかった!

助演女優:
◎小林聡美(紙の月)
○大島優子(紙の月)
ジャーンスキップ(ネブラスカ)
サリーホーキンス(ブルージャスミン)
ジェシカチャスティン(インターステラー)

映画(紙の月)は大したことなかったが、小林聡美と大島優子の役柄の対比がおもしろかった!主演の宮沢りえは置いといて、ヒロインの心の対極を二人があざやかに演じていた。大島優子はがっちりはまりましたね。小林聡美はさすがです、自然すぎて脱帽。あとは最近見たインターステラーのジェシカチャスティンも印象深かった。

助演男優:
◎スティーブクーガン(あなたを抱きしめる日まで)
○マイケルファスベンダー(それでも夜は明ける)
ウィルフォーテ(ネブラスカ)
ホアキンフェニックス(エヴァの告白)
フィリップシーモアホフマン(ハンガーゲームズ2)

デンチとの掛け合いをうまくうけとめたスティーブクーガンが圧倒的に記憶に残ってます。マイケルファスベンダーは、独特の妖気が最高にクール&セクシー、役はひどいけど。ホアキンフェニックスの不器用さ加減も最高にうまかった!あとはホフマン。。。続編にも出て欲しかった。。。

【2014年見た映画】※(独り言)BEST10に入れようかと思ってたダラスバイヤーズクラブと8月の家族は昨年(一昨年)だったのかあ。。。時が経つの早い。。。
かぐや姫の物語 ★★★☆
ゼロ グラビティ ★★★★☆
RED リターンズ ★★★☆
ハンガーゲーム2 ★★★★
ウルフ オブ ウォールストリート ★★★★☆
ラッシュ ★★★★☆
エヴァの告白 ★★★★
ネブラスカ ★★★★☆
あなたを抱きしめる日まで ★★★★★
アナと雪の女王 ★★★★★
それでも夜は明ける ★★★★
ウォルト・ディズニーの約束 ★★★★☆
ローンサバイバー ★★★★
崖っぷちの男(DVD) ★★★★
キャプテンアメリカ2 ★★★★
アメージングスパイダーマン2 ★★★☆
とらわれて夏 ★★★★
ノア ★★★★★
渇き ★★
私の男 ★★★☆
ダイバージェント ★★★★☆
思い出のマーニー ★★★★☆
マレフィセント ★★★★☆
ブルージャスミン ★★★★☆
グランドブダベストホテル ★★★☆
ガーディアンズオブギャラクシー ★★★★
ジャージーボーイズ ★★★★
ルーシー ★★★☆
ミリオンダラーズアーム ★★★★☆
アバウトタイム ★★★★
葡萄のなみだ ★★★☆
グレースオブモナコ ★★★★
イコライザー ★★★☆
マダム・マロリーと魔法のスパイス ★★★★☆
紙と月 ★★★☆
インターステラー ★★★★☆
ゴーンガール ★★★★

昨年は遠出もせず、節約映画生活。映画も選んで見に行っていたので(というか選びようもない!?)大ハズレなし!ただ、見逃しも・・・。ワーストは渇き。前作の告白の良さにだまされた。いや、告白は大好きなんだけど、渇きはただの勘違いヴァイオレンス(とも呼びたくない)映画でした。

今年は簡単にでもここに書くようにしないと。。。★たくさんつけたけど、内容が思い出せない映画も・・・。
いま楽しみなのは「6才のボクが、大人になるまで。」と「きっと、星のせいじゃない。」です。
[ 2015/01/04 11:54 ] ボソッと | TB(0) | CM(0)

2014年 お世話になった曲

明けました。。。
2014年は仕事内容がガラっと変わって、天手古舞いな1年でした。。。

ちょっとずつ復活しよーってことで、2014年のおさらい。
やっぱ音楽にしろ、映画にしろ、記録取っておくと、後々振り返るのに楽しいんですよね。

なんとか続けたい。。。今年こそ。。。

で、早速、2014年お気に入りの曲たちを残しておきます。

1位 John Legend - All of Me

コンサート行っちゃいました。ってことで生歌に勝るものなしなのか、以降は、
もうこの曲聴きまくってました。わかってます、、、ベタですよね。。。でも、いいんだ。。。

2位 Trey Songz feat Nicki Minaj - Touchin, Lovin

元々、男性R&Bシンガーが大好きなのだけど、時代は求めていないみたいで、
その中でヒットポテンシャルを秘めた曲・アルバムを提供をし続けているトレイには頭が上がらない。
昨年はHeart Attackがダントツ好きだった。
年々、声に渋みがてきていて、筆者好みに♪頑張って、盛り上げてください!!

3位 Charli XCX - Boom Clap

この曲聴いて、大好きなシンディローパーを思い起こしました。
アルバム楽しみ!声を張り上げる前までは、切なくドラマティック。
声を張り上げると一気にコケティッシュに。すっげー魅力的!
ぶすかわの可愛いよりのビジュアルも好み(笑 いや、もう一方よりかな?

4位 Sam Smith - I'm Not The Only One

(会社の先輩にそっくりなんだな・笑)
わっかりやすいスロー。で、いいの、この人の声は。

5位 Ariana Grande - Break Free

なんかひさびさのアイドルの王道のPOPソング!それが気持ち良い。
アリアナのどこまでいくねん!的伸びやかな高温も冴え渡ってる!
難解さより、若いんだからこれくらいかわいくいきましょう!

6位 Nicki Minaj - Pills N Potions

この人、普通に歌わせても良い声だと思ってたけど、やっぱそうでした。
※アルバム聞いていないので、アルバムにはあったかもしれませんが。

7位 One Direction - You & I

ハリーの張り上げ声にやられました。この曲で興味持ってアルバム一気に借りました(笑
ま、結局、こればっか聞いてました。

8位 Sia - Chandelier

ワンツースリー♪ワンツースリー♪ドリンク♪
ここだけで名曲。PVも最高でしたね。siaを知らなかったので、随分幼いなあとか最初勘違いしてました(我ながらアホ・笑

9位 Brantley Gilbert - Bottoms Up

Aviciiがカントリー要素を入れた曲をたくさん発表してた流れで、これにもハマりました。
いや、これは普通にカントリーなんですよね? 最初、気付かなかった。童顔マッチョ兄さんによるカントリーROCK??

10位 Ariana Grande, The Weeknd - Love Me Harder

これはねえ、、、アリアナが一人で歌ったほうがよかった。。。でも、そうだとエロすぎるか。。。が、ウィークエンドでは幼すぎる。。。
あーでも、アリアナのファンの年齢層にはちょうど良い加減なのかあああ。。。といった曲です(笑

時点:Jason Derulo - Talk Dirty、Meghan Trainor - All About That Bass、Miley Cyrus - Adore You、Take That - These Days、Nico & Vinz - In Your Arms
パフォーマンスにやられたデルーロ、60年代から飛び出してきたようなトレイナー(アルバム絶対買う!)、アルバムで一番気に入ってた曲をよくきってくれたサイラス、ラブラブ以来またはまったテイクザット、ツボな民族系で嫌いなわけないN&V。

【再生回数が多かった子(曲)たち】(順不同)
Nick Jonas - Jealous
Ariana Grande - Break Free
Jason Derulo - Talk Dirty
Jessie J,Ariana Grande, Nicki Minaj - Bang Bang
Meghan Trainor - All About That Bass
Meghan Trainor - Lips Are Movin
Miley Cyrus - Wrecking Ball
Miley Cyrus - Adore You
Nico & Vinz - Am I Wrong
Nico & Vinz - In Your Arms
OneRepublic - Counting Stars
Sia - Chandelier
Taylor Swift - Shake It Off
Taylor Swift - Blank Space
Olly Murs - Wrapped Up
Charli XCX - Boom Clap
Ariana Grande, The Weeknd - Love Me Harder
Brett Eldredge - Mean To Me
Ed Sheeran - Don't
Hozier - Take Me To Church
MKTO - Classic
Nicki Minaj - Pills N Potions
Selena Gomez - The Heart Wants What It Wants
Trey Songz feat Nicki Minaj - Touchin, Lovin
John Legend - All of Me
Sam Smith - I'm Not The Only One
Sam Smith - Stay With Me
Take That - These Days
One Direction - Story Of My Life
One Direction - You & I
Perfume - Sweet Refrain
Katy Perry feat.Juicy J - Dark Horse
Jason Aldean - Burnin' It Down
Brantley Gilbert - Bottoms Up
O.T.Genasis - Coco
Gwen Stefani - Baby Don't Lie
Avicii - Hey Brother
[ 2015/01/03 15:39 ] 音楽 (雑談) | TB(0) | CM(0)