上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2015年 アベンジャーズ/エイジ オブ ウルトロン "Avengers: Age Of Ultron"

★★


詳細データ:all cinema


感想:
ポスター見ていただけば、わかるかと思います。登場人物が多すぎてぐちゃぐちゃ。ラスト、大聖堂の絵画でもねらったかのようなカメラワークにもげっそり。続編匂わすいつものラストも期待感というより、なげーのに、まだ続くのかよ?という怒りのほうが強かった。(-☆)

なんだか都合の良い登場人物を殺して、スター俳優を生き残らせるご都合主義が見え隠れどころか、どうどうと現れていて、これじゃ感動しませんよ。(-★)

期待値が高かった。それだけに残念、無念であります。
スポンサーサイト
[ 2015/07/12 23:09 ] 洋画 2015年 | TB(0) | CM(0)

2015年 チャイルド44 森に消えた子供たち "Child 44"

★★★☆


詳細データ:all cinema


感想:
決して、出来は悪くはない。筆者がこの映画を楽しめたのは原作を先に読んでいたから。読んでいなかったら物語を追うので必死で、ただのメロドラマで終わっていたでしょう。

これ、はしょりすぎ!心引き裂かれるはずの、過去と現在の物語の交差がまったくない。レオとライーサ(主人夫妻)に焦点をあてたのだろうが、そのせいでミステリーとドラマの面でかなりの厚みがなくなった。

但し、俳優陣の演技は1級品!どうにも色気を感じないノーミラパスだけど、映画が進むにつれ、ヒロインにぴったりで、独特の個性が意外とライーサにはまっていた。トムハーディはちょっとロシア訛りがいきすぎてたけど、後半にいくにつれ、人間味を増すレオを演じきっていました!

この映画は3時間尺か2本立てにしないと、描ききれないでしょう。端折ったおかげで、ただ歴史メロドラマのになってしまった。
[ 2015/07/11 13:19 ] 洋画 2015年 | TB(0) | CM(0)

2014年 セッション "Whiplash"

★★★★★


詳細データ:all cinema


感想:
くーーーしびれる。

最後がいい!

曲者教師に曲者(ここはあえてこの表現で)生徒が、本気でぶつかり合う。

所詮、人間!でも、いいものはいい、わるいものはわるい、つまらんものはつまらん、おもろいもんはおもろい!

面倒くさいもの剥ぎ取って、感じるもを感じる。それだけで人間である価値がある。ともかく、みなされ!
[ 2015/07/11 13:17 ] 洋画 2014年 | TB(0) | CM(0)

2014年 アリスのままで "Still Alice"

★★★☆


詳細データ:all cinema


感想:
エマニュエル リヴァ・・・近年、強烈に認知症を体現した女優。ここ最近のあの映画のインパクトったらない。

そう、この映画はお行儀が良すぎる。若年性という新しい点はあるが、演じたジュリアンムーアが美しかった。人間、それだけじゃないはず。この映画、涙は誘うし、感情は揺さぶられるが、「愛、アムール」の存在が、この映画を嘘っぽくさせる。

現実的、リアルな表現が賞賛されるべきだとは思っていない。認知症という、この映画だと比較的若い人でもなる点を訴えて、今まさに苦しんでいる人たちに、少しでも周りの理解を得ようとする手段として、貢献するという意味では良いと思っている。

ただ、筆者的にはタイミングが悪かった。あの映画の前に、この映画はおままごとに見えてしまった。
[ 2015/07/06 01:43 ] 洋画 2014年 | TB(0) | CM(0)

2013年 オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分 "Locke"

★★★★


詳細データ:all cinema


感想:
ある一夜の男の決断。褒められたできごとじゃないけど、どうしても後悔だけはしたくなくて、もがく姿に共感。そう!結局追い込まれようが、人間ってその状況下でも意外と冷静だったりするんですよね。この映画主人公もそう!その先に何が待ち構えようかじゃなく、妙に冷静で、今の自分に酔いしれながらも、危機を乗り切ろうとする。

この映画の主人公は自業自得だけど、"妙に共感"できる。
[ 2015/07/05 06:54 ] 洋画 2013年 | TB(0) | CM(0)

2015年 マッド マックス 怒りのデス・ロード "Mad Max : Fury Road"

★★★★★


詳細データ:all cinema


感想:
アイディアが出尽くしたと思いきや、今までに見たことのないアクションに大興奮!説明過多にならず、必要最小限にとどめている演出も、最高にかっこいい!いやーシャーリーズセロンの美しいこと!坊主になろうが、泥まみれになろうが、瞳に吸い込まれそうでした。見た目をボーイッシュにしようが、目の表情が色っぽいんですよね。彼女以外に考えられなかった。お見事!!

あとはトムハーディ。いかようにも派手にできたところを、ぐっと抑えて、主役ながらまわりをうまく引き立ていました!こういう人が本当に主役はれる俳優なんですね!

これからセロンがどう国家をまとめるか、トムハーディにいったいどんな過去があるのか!あと3作でも4作でも見ていたい!そんな映画!
[ 2015/07/02 23:00 ] 洋画 2015年 | TB(0) | CM(0)

1967年 おしゃれスパイ危機連発 "Caprice"

★★★


詳細データ:all cinema


感想:
ん。。。しょーがないのかもしれないが、ドリスデイが野暮ったい。どの時代もそうだが、ラブコメの女王も年齢を重ねたら、重ねたなりの役柄じゃないとなかなか見ていても厳しいものがある。強靭な肉体美までみせちゃってるリチャードハリスとの相性も悪い。

物語もなんだか腑に落ちないし、シャレードの焼きまわしっぽい印象も。ドリスデイは翌年に映画界から去っているが、彼女が大きい子供を持つ母親役や、オールドミスなんかを演じて女優として化けるイメージがないので、引き際としてはよかったのかも。ここ最近だとメグライアンがそのポジションか・・・。
[ 2015/07/01 05:24 ] 洋画 1960~69年 | TB(0) | CM(0)