上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

1941年 塵に咲く花 "Blossoms In The Dust"

★★★


詳細データ:all cinema


感想:
良くも悪くもクラシック映画、ガースンはバーグマンと違い、スタジオにて徹底された良妻賢母のイメージを頑なに崩さなかった。そういった女優がいた(ミニバー夫人、キュリー夫人みたくはまると最強)ことが、まさに面白いところでもあるが、現代の体当たりでやってのける女優が多い中では、やっぱりつまらないし、変に綺麗すぎて胡散臭い。

この映画は話自体もいい子ちゃん過ぎて、ガースンのイメージも相まって面白みがない。ある意味ガースンのアイドル映画。
スポンサーサイト
[ 2016/02/28 21:47 ] 洋画 1940~49年 | TB(0) | CM(0)

2015年 スティーブ ジョブズ "Steve Jobs"

★★★☆


詳細データ:all cinema


感想:
ケイトウィンスレット、新境地!

コスチュームプレイの印象が強いが、これまでで一番一般的にいそうな人物を好演。引き出し多いね。のってきた脂肪もプラス!ファスベンダーの独壇場になるところを彼女がバランスをとっていました。

ダニーボイルはやっぱ苦手かな。スティーブジョブズのターニングポイントとなる3つの大きな記者発表を軸に、ジョブズの人物像に迫る。よく捉えていたとは思うが、やっぱり間延び感が漂う。面白い構成だったが、なぜだろう?。。。マイケルファスベンダーは大好きな俳優だが、ちょっと彼の一人芝居すぎた感がある。冒頭で褒めたがウィンスレットにしろ、突如後半で見せ場のあった感の否めないセスローゲンも唐突すぎた。

ちょっとしたバランスが悪かった。いや、バランスをなんとか保てていたから、最後の感動もあったが。。。技法に走った映画は繰り返し見たくなるものではないことを再認識。
[ 2016/02/19 22:13 ] 洋画 2015年 | TB(0) | CM(0)

2015年 オデッセイ "The Martian"

★★★★★


詳細データ:all cinema


感想:
めっちゃおもしろかった!そうだ、映画ってエンターテイメントなんだ。娯楽ってやっぱいい!

ある程度の現実感、ある程度のファンタジー。この二つのバランスがすごくよくて、プラスして、ユーモアとシリアスのバランスも絶妙!そこに人間としての哲学を盛り込んでいるが、それが説教臭くならず、これまたよい距離感があって、この映画はきっと見る個人個人のそのときそのときの心情(今日は疲れた、今日は楽しい)によって印象がかわるんだろうなと思う。それだけこの映画に込められたメッセージは人を選ばず幅が広いように思う。

主人公が好青年マット・デイモンってとこもにくいです。変にかっこつけず、変に演技演技しない。この映画との距離感を理解し、それを楽しんで演じているのが伝わった。

ゼログラヴィティと比較されるが、映画としての質を言うならゼログラヴィティでしょう。ただ、ある程度の余白を描いて、見る人にそれぞれ感じるポイントを置いている。息苦しくなく、あっという間の2時間半。これぞ映画だ。
[ 2016/02/18 21:11 ] 洋画 2015年 | TB(0) | CM(0)

2015年 白鯨との戦い "In The Heart Of The Sea"

★★


詳細データ:all cinema


感想:
極限に追い込まれた人間の境地を描いた作品としては弱い。エンターテイメントとのバランスも悪く、楽しめなかった。この映画の主演にクリスヘムズワースをチョイスしたのなら、エンターテイメントに走るべきだった。ドラマ性強調なら、クリスチャンベールとかなんだろうな。

人肉食がおままごとにみえた。もうその時点でダメ。
[ 2016/02/14 22:26 ] 洋画 2015年 | TB(0) | CM(0)

2015年 キャロル "Carol"

★★


詳細データ:all cinema


感想:
女性同士ってのが珍しいだけのメロドラマ。作り込みすぎブランシェットにゲンナリ。

このヒロインのどこに感情移入できるのか?勝手に生きてるし、恵まれた環境なのにもかかわらず、わたしは可哀想を猛烈にアピール。理解ある夫(関係性は悪いのかもしれないが、金銭的にもあんなにかまってもらえてるんだから十分だろ)、かわいい子供、なんでも分かち合える友人、性的欲求を満たす愛する人、、、どこに不満がある?はいよかったねって感じ。

しかもラストがハッピーエンド。よかったよかった。。。

ルーニーマーラのクラシカルな着こなし・身のこなしに+★。
[ 2016/02/13 15:41 ] 洋画 2015年 | TB(0) | CM(0)

2015年 お気に入りの映画

2015年お気に入りの映画を記録。年々減ってるなあ。毎年言ってるけど。そのおかげかお気に入りチョイスも楽でした。今年はクラシック映画回帰したいもんです。

01位 海街diary
02位 マッド マックス 怒りのデス・ロード
03位 わたしに会うまでの1600キロ
04位 プリデスティネーション
05位 セッション
06位 コードネーム U.N.C.L.E.
07位 イミテーション ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密
08位 きっと、星のせいじゃない。
09位 ラブ&マーシー 終わらないメロディー
10位 フォックスキャッチャー

5位までがお気に入り。6位以下は例年ならBEST10に入れないかなあといったところ。1位は是枝監督の真骨頂。女優陣の派手さが気になり、ダメかなあと思ってたところで、いつもの是枝監督の何気ない時間の切り取り方に感動。4位は映画館に足を運んでホントに良かった!いつもなら見逃してたパターンの映画。出ている俳優陣がとくにピンときていなかったので。2位はスパモイスト嬢ことセロンでしょう!オスカー残念・・・。

主演女優:
◎シャーリーズ・セロン(マッド マックス 怒りのデス・ロード)
○リース・ウィザースプーン(わたしに会うまでの1600キロ)
セーラ・スヌーク(プリデスティネーション)
シャリーン・ウッドリー(きっと、星のせいじゃない。)
フェリシティ・ジョーンズ(博士と彼女のセオリー)

きらきらした映画のヒロインであったウッドリーとジョーンズもよかったが、2015年はシャーリーズセロンが持って行きました。ほかにあの役を誰がやれる?続編でないのかよ!!!


主演男優:
○チャニング・テイタム(フォックスキャッチャー)
○大泉洋(駆込み女と駆出し男)
トム・ハーディ(オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分)
ブラッドリー・クーパー(アメリカンスナイパー)
イーサン・ホーク(プリデスティネーション)

ダントツで印象に残った人はいませんでした。今年は選べず。自身のキャラと役柄を理解してたテイタムが個人的に良かったかなあ。。。大泉洋には笑った笑った!

助演女優:
◎夏帆(海街diary)
○キムラ緑子(駆込み女と駆出し男)
エリザベス・バンクス(ラブ&マーシー 終わらないメロディー)
エマ・ストーン(バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
レベッカ・ファーガソン(ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション)

4姉妹で一番地味だったが、是枝作品の実のところ核の部分をきちんと捉えていたのは彼女だと思う。旨さが抜きん出ていました。あまりにも地味なほど。小林聡美、市川今日子あたりに通づる魅力。キムラ緑子には笑った笑った!

助演男優:
◎J・K・シモンズ(セッション)
○マーク・ラファロ(フォックスキャッチャー)
ニコラス・ホルト(マッド マックス 怒りのデス・ロード)
スティーブ・カレル(フォックスキャッチャー)
アーミー・ハマー(コードネーム U.N.C.L.E.)

J・K・シモンズでしょう!すごかった!作品も最高でしたが、もう嫌になるくらい人間の毒を見た。ラファロは映画なんだけど、ホントに彼演じる役柄に感情移入した。切ないよ。

とりあえず、何作品か漏れたけど、2015年はブログ続けれた。今年もがんばろ!やっぱ残すと振り返りが楽しいもんだ。ただ、仕事がなあ・・・何のために働いてるのやら・・・。
[ 2016/02/09 22:00 ] 映画 (雑談) | TB(0) | CM(0)

2014年 フランス組曲 "Suite Francaise"

★★★★☆


詳細データ:all cinema


感想:
よかった!
ドイツ占領下のフランスの片田舎で起きた、ドイツ軍の中尉と夫の帰りを待つ女性とのメロドラマ。よくある設定だが、ミシェルウィリアムズとマティアススーナールツ、どちらも色気のある俳優によって、終始良い緊張感があり、飽きなかった。複雑な母親の心情を憎たらしくもほろりとさせてくれたクリスティン・スコット・トーマスも技あり!

ミシェルウィリアムズって本当に画面栄えする。ドレスアップすればクラシカルな雰囲気もあるし、生活感のある役にもスンナリ溶け込む。決して(商業的な意味大半で)ナンバー1女優にはなれないし、本人もそんな気はないだろうが、コンスタントに今後もいい映画・演技を見せ続けてくれるんだろうなと思う。今回の映画も決して代表作にはならないのだろうけど、個人的にはまた見返したいと思わせてくれた。
[ 2016/02/06 18:10 ] 洋画 2014年 | TB(0) | CM(0)

2015年 ブリッジ オブ スパイ "Bridge Of Spies"

★★


詳細データ:all cinema


感想:
アメリカ人はこれをみて絶賛するんだろうなあと思った。それが感想。

さすがはスピルバーグ、コーエン兄弟!この重たい題材をエンターテイメント性に富んだスパイ映画にした。主人公はCIAでもスパイでもなく、民事担当の弁護士。彼が冷戦下の米ソ並びに混乱に陥っていた東西ドイツにと人質となった同法を救うため立ち上がる。

この映画、完全に目線が一方でしかない。アメリカ映画だから仕方がないのかもしれないが、アメリカ人がいかに勇敢で使命を全うする生き物かを、これでもかと見せつけてくる。時折、数名を悪者にして、悪いところを認める潔さの押しつけまである。

あと違和感があったのが、ドイツ・ソビエト・アメリカと捕虜となった人たちが映し出される場面が出てくる。アメリカは捕虜であれ、敬意を持って人として扱う姿を見せ、ドイツ・ソビエトは寒さを絵に描いたような牢獄が出てくる。出てくる場面が作り込みすぎて嘘臭いのだ。

シンドラーのリストパート2。完璧すぎてつまらない。スピルバーグの悪い癖が出た映画だと思う。この映画の主人公はトムハンクスの演技で好きになれたのだが・・・。マークライランスも都合の良いキャストだ(ライランスの演技はオスカー級かもしれないが)。
[ 2016/02/03 21:07 ] 洋画 2015年 | TB(0) | CM(0)

2015年 クリード チャンプを継ぐ男 "Creed"

★★★★☆


詳細データ:all cinema


感想:
めちゃめちゃ胸が熱くなった。ボクシングって本当に映画の題材として最適なんだなと思う。自分は現実のボクシングは意味がないものとまで言い切るくらい苦手であるのだが、その裏にこういった戦う理由を見せられると妙にその人を応援したくなる。現実のボクシングもそうやって楽しむと違うのかもしれない。

この映画の主人公は、映画を見る前の印象とは違い、主人公は家庭環境も安定していて、戦う理由が最初は見えない。ロッキーを1から見ていない筆者としても、ロッキーの長年のライバル・アポロがでてこようが??だ。そんな思いを吹き飛ばしてくれたのがマイケル・B・ジョーダンのエネルギッシュな演技によるとこが大きい。応援せずにいられなかった。テッサ・トンプソンとの関係も良いアクセントになっていた。

ロッキーが見つめる先にマイケルがいる。理屈抜きで二人の関係性が築き上がっていく。ラストに向かっては目頭が熱くなった。
[ 2016/02/03 21:00 ] 洋画 2015年 | TB(0) | CM(0)