上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2012年 ヒッチコック "Hitchcock"

★★★(+★)


監督:サーシャ ガヴァシ


出演:アンソニー ホプキンス、ヘレン ミレン、スカーレット ヨハンソン、トニ コレット、ダニー ヒューストン、ジェシカ ビール


感想:
オスカーという意味では、ヒッチコックはもっとも不運な監督といってもいいだろう。サスペンスの王と言われてもサスペンスは「技」としてみられ、重厚な人間ドラマを好むオスカー会員たちからすると決定打に欠けたのだろう。

この映画もまたそんなヒッチコックの不運さがでてしまった。結局、彼の自伝映画も、強力なキャストに恵まれながらもオスカーに絡むことはなかった。

粋な映画にしようと試みるも空回りの連続。サイコのモチーフとなった殺人鬼の虜になる魅せ方も凡庸。風貌をそっくりにしたアンソニーホプキンスはコメディでもやっているかのようで、一人気をはいたヘレンミレンが唯一この映画の救いだった。(+★)

開き直って、ヒッチコックの妻アルマの物語にしたほうが、かえって面白かったかも知れない。残念無念である。


http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=344434
スポンサーサイト
[ 2013/04/17 21:40 ] 洋画 2012年 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://billywilder.blog23.fc2.com/tb.php/228-af2ffa6b