上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2011年 マリーゴールドホテルで会いましょう "The Best Exotic Marigold Hotel"

★★★☆


監督:ジョン マッデン


出演:ジュディ デンチ、ビル ナイ、ペネロープ ウィルトン、デヴ パテル、セリア イムリー、ロナルド ピックアップ、トム ウィルキンソン、マギー スミス


感想:
この映画、、、一番面白くなるところを割愛しちゃったように思う。

冒頭からだらだら心躍らない場面の連続だった。異国の地の、とあるホテルに導かれた老人たちが繰り広げるドラマが活気付けば最高のものになったと思う。筆者はだんぜんマギースミスのエピソードを前面に押し出すべきだと思った。途中彼女が活気付く場面があるんだが、そこでものすごく心が躍った。気づけば彼女のそのシーンの時点で、映画はすでに1時間半は経っていたのだろう。彼女がいかにこのホテルを盛り上げていくか、、、そこが見たかったなあ。

たしかに、各キャラクターに面白いエピソードが用意されているが、これがアンサンブルではなく、オムニバスになっているのが残念。ビルナイ、ペネロープウィルトン夫妻はただイライラさせられるだけだし、トムウィルキンソンもお役ごめんになるとぽっくりいってしまった。セリアイムリー、ロナルドピックアックもいかようにもおもしろくなったはずなのに中途半端。デヴパテルもそう。

どうにもいろんな方面に均等に気を使いすぎたのだろう。筆者はマギースミス主演で見たかったなあ。

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=343963
スポンサーサイト
[ 2013/05/04 22:41 ] 洋画 2011年 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://billywilder.blog23.fc2.com/tb.php/236-0df37c98