FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2013年 風立ちぬ "Kazetatinu"

★★★★


監督:宮崎 駿


出演:庵野 秀明、瀧本 美織、西島 秀俊、西村 雅彦、スティーブン アルパート、風間 杜夫、竹下 景子、志田 未来、國村 隼、大竹 しのぶ、野村 萬斎


感想:
いや~うれしい!

何がって、、、筆者の好きだった「紅の豚」ぐらいの画質に戻ってるから!

近年の映像技術の発展により、最初の「もののけ」「千と千尋」はよかったとして、まるで人間を演出しているかのようなカメラワークの「ハウルの動く城」、もはや芸術っぽくてわけわからん「ポニョ」は、どうにも疲れた。紅までの作品は単体で5回以上は見返してる、あの絵の魅力、物語の魅力が、近年まったく感じられなかった。ハウル、ポニョなんて、話すら思い出せない。


好きなことに没頭した。その結果がたまたま戦闘機だった。そんな時代を生き抜いた、夢を持った人間の悲しさ、、、でもそれだけじゃない、希望も感じることができた。とても素敵だった。

何度も見返そうとは思わない。ここは宮崎監督の狙いである、いつか大人になる子供たちへの作品というのがよくわかる。数年後、宮崎監督の次回作が出たころ見返したくなるだろう。


ただ、もう一度、「魔女の宅急便」、「紅の豚」が見たい。


http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=344584
スポンサーサイト
[ 2013/08/14 22:12 ] 邦画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://billywilder.blog23.fc2.com/tb.php/240-2799f09e