FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Tayler Swift "1989"

筆者、初テイラースウィフト作品です。これ聴いてとりあえずRedも聴いてみようと思いました。

ある時期、トップスターってなんで?ってくらいいい曲連発してくるけど、テイラーもその波に完全に乗っかってる。プロデューサー陣がこぞって彼女からインスピレーションを感じるのか、またテイラー自身も曲を書けるので、次々とイマジネーションが沸き起こるのかはわからんが、いやはやこれは今、このとき聴いとかないと損ですね。

どの曲も個性が際立っていて、一回目でほぼ全曲タイトル見て曲がイメージできちゃうようになりました。それだけキャッチー。ヴォーカルの小技の効かせ方がうまい!と思いました。前半ぶっ飛ばして、ラストでスローを持ってくるわかりやすい作りも潔い。

1個気になるのは、どの曲もおそらく誰かしらのアーティストの影響を受けているのでしょう。そのためか、じゃあ、テイラースウィフトって誰?何者?って思うと、どの曲が正しいのだろうか?元々カントリーシンガーだった点を考えても、商品としての魅力以上のものは感じない。過去の彼女のアルバム(Redより前?)にそれがあるのかもしれないですね。ただ、今のとこ興味なし。機会があれば聴いてみますかね!(RihannaのGood Girl Gone Badも最初同じ印象でした。)

第一印象は★★★☆
amazon
スポンサーサイト
[ 2015/01/26 00:12 ] 音楽(洋楽) Album感想 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://billywilder.blog23.fc2.com/tb.php/254-22faaa32