上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2015年 駆込み女と駆出し男

★★★★☆


詳細データ:all cinema


感想:
めっちゃ笑った、泣いた!

テンポがよい!
ただまあ、エピソードが多いが、どれも印象に残るので◎でしょう!

どこかアイドル演技臭をいつも感じていた戸田恵梨香も良く、大泉洋は得意分野の役どころを軽快に演じていた!
満島ひかりはやりすぎギリギリでとどめ、やっぱ匠だなあと思わせる。この人終始無表情だけど、完全に場をさらってましたね。

影立役者は、キムラ緑子! 昔から旨いなあと思っていたが、ここ数年の活躍から、映画ではひさびさのメインどころの役柄を余裕たっぷり楽しく演じていた!

東慶寺の話はなんとなく知っていたが、当時の女性が身分的にも追い込まれて、理不尽な差別・男尊女卑な扱いを受けていいたことにたいしては、やはり心がかき乱される。時代に負けず、生きる女たちがかっこよく描かれている。
スポンサーサイト
[ 2015/06/20 08:57 ] 邦画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://billywilder.blog23.fc2.com/tb.php/274-80fe0e28