上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2014年 アリスのままで "Still Alice"

★★★☆


詳細データ:all cinema


感想:
エマニュエル リヴァ・・・近年、強烈に認知症を体現した女優。ここ最近のあの映画のインパクトったらない。

そう、この映画はお行儀が良すぎる。若年性という新しい点はあるが、演じたジュリアンムーアが美しかった。人間、それだけじゃないはず。この映画、涙は誘うし、感情は揺さぶられるが、「愛、アムール」の存在が、この映画を嘘っぽくさせる。

現実的、リアルな表現が賞賛されるべきだとは思っていない。認知症という、この映画だと比較的若い人でもなる点を訴えて、今まさに苦しんでいる人たちに、少しでも周りの理解を得ようとする手段として、貢献するという意味では良いと思っている。

ただ、筆者的にはタイミングが悪かった。あの映画の前に、この映画はおままごとに見えてしまった。
スポンサーサイト
[ 2015/07/06 01:43 ] 洋画 2014年 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://billywilder.blog23.fc2.com/tb.php/282-68c62f4c