上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2014年 わたしに会うまでの1600キロ "Wild"

★★★★★


詳細データ:all cinema


感想:
自分探しの旅。大自然に立ち向かう若者なんて書くとかっこいいけど、この映画の主人公は、自分の過去を悔み、ひとつの賭けに出る。1600キロを乗り越えたとしても、先にある未来はない。でも、何かに立ち向かって乗り越えないと、生きているとは言えない。この挑戦の意味は主人公本人以外、理解しようがないでしょう。でも、それでいい。片足だけだが、山登りやマラソンに突っ込んでいる筆者にはこの映画は、見ている最中、あのランナーズハイを映画館の椅子に座り、リラックスしながら感じてしまった。映画鑑賞後、20km走っちゃいましたよ(笑

この映画、ヒロインがウィザースプーンだったので、すごく心配だった。だって、リースはとにかく明るく楽しい健康的なアメリカンガールなイメージ。だけど、これがいい意味で、くそ女だった。いい子だなんてとこ、削ぎ落として、このヒロインに立ち向かっていたウィザースプーンに、惚れ込んでしまいました。人間臭かった。うん、途中、臭そうだった。これ、褒め称えています。

この挑戦の後、この映画ヒロインが何かを掴み取ったかどうかなんて、わからないし、それでも変わらない人生だったのかもしれない。ただし、人として生まれて、世の中の役に立てているのか?とか、いろいろ自身の存在価値に悩む時って、誰だってあると思う。そうじゃくなくて、生きていくんだから、自分自身の歩む歴史に、自分自身で足跡をきちんと残していくしかない。この映画はそれを語ってくれていました。

よっしゃ!明日、マラソン大会だ!
※東京マラソン外れた・・・
スポンサーサイト
[ 2015/09/22 15:10 ] 洋画 2014年 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://billywilder.blog23.fc2.com/tb.php/290-97abfa09