FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2015年 黄金のアデーレ 名画の帰還 "Woman In Gold"

★★★★☆


詳細データ:all cinema


感想:
ナチスの苦い過去に捕われながら、前に進んだり、諦めたり、でも諦めなかったりするアメリカへ移民したユダヤ系老女を、ヘレンミレンがユーモアを若干いれつつ好演。この人見ているだけで、この映画の価値が何段階も上がっている。凄すぎる。

話としては、さほど珍しくはないと思う。ナチスの過去を、心がえぐられる様に描かれた作品は、この映画でなくともたくさんあるし、この映画はその点に関しては弱い(監督も狙ってはいないんだろうけど)。

戦うことに価値が有る、許すことの美ではなく許さない(本人は傷つくが)こともその相手にとって大事ということを、ヘレンミレン演じる主人公が教えてくれる映画。また、観たい。
スポンサーサイト
[ 2016/01/12 20:29 ] 洋画 2015年 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://billywilder.blog23.fc2.com/tb.php/300-ca618e52