上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2015年 クリード チャンプを継ぐ男 "Creed"

★★★★☆


詳細データ:all cinema


感想:
めちゃめちゃ胸が熱くなった。ボクシングって本当に映画の題材として最適なんだなと思う。自分は現実のボクシングは意味がないものとまで言い切るくらい苦手であるのだが、その裏にこういった戦う理由を見せられると妙にその人を応援したくなる。現実のボクシングもそうやって楽しむと違うのかもしれない。

この映画の主人公は、映画を見る前の印象とは違い、主人公は家庭環境も安定していて、戦う理由が最初は見えない。ロッキーを1から見ていない筆者としても、ロッキーの長年のライバル・アポロがでてこようが??だ。そんな思いを吹き飛ばしてくれたのがマイケル・B・ジョーダンのエネルギッシュな演技によるとこが大きい。応援せずにいられなかった。テッサ・トンプソンとの関係も良いアクセントになっていた。

ロッキーが見つめる先にマイケルがいる。理屈抜きで二人の関係性が築き上がっていく。ラストに向かっては目頭が熱くなった。
スポンサーサイト
[ 2016/02/03 21:00 ] 洋画 2015年 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://billywilder.blog23.fc2.com/tb.php/303-bb839545