上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2015年 スティーブ ジョブズ "Steve Jobs"

★★★☆


詳細データ:all cinema


感想:
ケイトウィンスレット、新境地!

コスチュームプレイの印象が強いが、これまでで一番一般的にいそうな人物を好演。引き出し多いね。のってきた脂肪もプラス!ファスベンダーの独壇場になるところを彼女がバランスをとっていました。

ダニーボイルはやっぱ苦手かな。スティーブジョブズのターニングポイントとなる3つの大きな記者発表を軸に、ジョブズの人物像に迫る。よく捉えていたとは思うが、やっぱり間延び感が漂う。面白い構成だったが、なぜだろう?。。。マイケルファスベンダーは大好きな俳優だが、ちょっと彼の一人芝居すぎた感がある。冒頭で褒めたがウィンスレットにしろ、突如後半で見せ場のあった感の否めないセスローゲンも唐突すぎた。

ちょっとしたバランスが悪かった。いや、バランスをなんとか保てていたから、最後の感動もあったが。。。技法に走った映画は繰り返し見たくなるものではないことを再認識。
スポンサーサイト
[ 2016/02/19 22:13 ] 洋画 2015年 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://billywilder.blog23.fc2.com/tb.php/312-b96a4ae8