FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

1941年 塵に咲く花 "Blossoms In The Dust"

★★★


詳細データ:all cinema


感想:
良くも悪くもクラシック映画、ガースンはバーグマンと違い、スタジオにて徹底された良妻賢母のイメージを頑なに崩さなかった。そういった女優がいた(ミニバー夫人、キュリー夫人みたくはまると最強)ことが、まさに面白いところでもあるが、現代の体当たりでやってのける女優が多い中では、やっぱりつまらないし、変に綺麗すぎて胡散臭い。

この映画は話自体もいい子ちゃん過ぎて、ガースンのイメージも相まって面白みがない。ある意味ガースンのアイドル映画。
スポンサーサイト
[ 2016/02/28 21:47 ] 洋画 1940~49年 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://billywilder.blog23.fc2.com/tb.php/313-eb7881a1