上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2003年 カレンダーガールズ "Calendar Girls"

★★★★


詳細データ:all cinema


感想:
映画の前に、ヘレンミレンっていつからこの年代の代表格になったのか。2000年頃から映画にはまった筆者としては、ゴスフォードパークからのこのカレンダーガールズでの成功で一気にスターダムにかけあがったイメージがある。彼女の出世作と言われる「第一容疑者」をいま全巻借りてみている。正統派美女でもないのに、なんだろう、この格好良さは。ちなみに筆者は、ミレンのおすすめはクイーンでもこの映画でもない。REDだ。とくにリターンズのカーチェイス中に銃をぶっぱなすシーンは、映画史に残る名シーンだ。いや、オーバーじゃない。かっこいいババアとはこのことと言える。

で、映画の話に戻って、どうってことないサクセスストーリーだ。痛快ではあるが、お行儀は良すぎる。それでもこの映画が楽しいは、ベテラン女優たちが楽しんでいるのが、伝わる。ドラマティックに演じてどうなる?しったこっちゃないわ!的な軽妙さが、大成功した要因なのだろう。いつの時代もババアが元気でこそ、活気づくものだ。
スポンサーサイト
[ 2016/04/30 10:50 ] 洋画 2000~05年 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://billywilder.blog23.fc2.com/tb.php/321-cc1762f2