FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2015年 スポットライト 世紀のスクープ "Spotlight"

★★★★★


詳細データ:all cinema


感想:
日本に生きる自分には到底理解できない、神父という職業。世間から隔離された存在が、子供たちに何を教えられるのか。神父を題材に大学で研究した結果がこの映画には出てくるが、なるほどと思った。結局は神父というだけで、目に見えない神を崇めるだけの、幼稚な存在じゃないか。関わりないが、妙に腹立たしい。

この映画、筆者の今の勝手な心境とマッチして、胸に響いた。マークラファロの瞳が切ないったらなんの。彼は家庭がうまくいっていないが、この記者の仕事に誇りをもって勤めている。仕事が生きがいなんて、今の自分には到底理解できないし、ばかばかしくも思っていたけれど、そう思っていた自分が恥ずかしくなった。もちろん家庭を築くため・守るために、楽しいだけじゃなく仕事は仕事として、プライドを持ってやっている人も尊敬している。生きる目的もなく、ただこなしているだけの自分に、腹が立ってきた。。。

と、個人的なとこは置いといて、この映画、911の絡みもあり、最後に教会を追い込むまでに一歩踏みとどまらざるおえなくなるなど、単純なサクセスストーリーというわけでもないところがまた興味深かった。描き方・演技、文句なしの社会派ドラマでした。
スポンサーサイト
[ 2016/05/06 19:31 ] 洋画 2015年 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://billywilder.blog23.fc2.com/tb.php/322-f506bd5c