FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2015年 レヴェナント:蘇えりし者 "The Revenant"

★★★☆


詳細データ:all cinema


感想:
映像は語るとはこの映画のこと。

大自然の捉え方ももちろんすごいのだけれども、愛情・憎しみまでをも映像に閉じ込め、見ているこちら側に訴えかけるパワーを持っていた。個人的には生々しい映像(グロテスク・悪趣味ということではないです。そこははっきり言いたい。)は苦手なので、2度目の鑑賞はないが、記憶に残るインパクト大な、生きる映画でした。

ただこの監督の唯一筆者が合わないのが、非現実的な映像が笑えてしまうのだ。例えば、ディカプリオ演じる主人公が、なくした妻を思い返すシーン。ちょくちょく出てくるあのシーンで、集中力が途切れ、どうにも映画にのめり込むまでいけなかった。だから長かった。
スポンサーサイト
[ 2016/06/23 01:50 ] 洋画 2015年 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://billywilder.blog23.fc2.com/tb.php/324-392a9ebd